指しゃぶりはいつからいつまで?

MENU
指しゃぶりのよだれかぶれにステロイドや薬は使いたくない・・・
そんな方には赤ちゃんにも安心の優しいクリームがおすすめ
公式サイトは以下の画像をクリック


指しゃぶりはいつからいつまで?

指しゃぶりはいつから?

赤ちゃんの指しゃぶりが盛んになると、よだれかぶれが気になりますよね?
あかちゃんの頬や首元が、赤くただれてしまい、ケアに困った経験のある人もおおいのでは?

 

赤ちゃんの指しゃぶりは、いつからいつまで続くのでしょうか?
いつからか覚えていない人も多いようですが、赤ちゃんは産まれて間もなく指をしゃぶる赤ちゃんもいますし、お腹の中に居るときから指をしゃぶっている赤ちゃんもいるのです。

 

一般的には生後1ヶ月から1歳くらいまでと考えておいた方が良いでしょう。

 

この頃の指しゃぶりは、癖ではなく、手や口を刺激することで脳の発達が促進されていきます。色々な形や味を学習するためで、本能による生理的なものなので、やめさせずにそのまま見守っていきましょうね!

 

赤ちゃんにとっては、指も一つのおもちゃなので、よだれかぶれにならないように、こまめに拭いてあげると良いでしょう。

 

よだれの量が多いと、ミトンやスタイの交換が早くなります。そのまま放っておくのではなく、こまめな交換がポイントです。

 

ミトンやスタイは、思っている以上に雑菌が溜まっているので、赤ちゃんにとっては刺激になってしまいます。ミトンやスタイは多めに用意しておくと良いですよ!

 

指しゃぶりは、3歳になっても止めない子供も多いようです。
3歳になっても長時間指をしゃぶっていると、成長に影響を及ぼす場合があるようです。

 

無理にでもやめさせたいところですが、原因を考えて少しずつ止めさせていくようにしましょうね・

 

3歳を過ぎても指をしゃぶる子供には、原因があります。

  • 愛情が足りていない
  • 癖になってしまっている
  • ストレスを抱えている

などが挙げられます。

 

「指しゃぶりは、いったいいつからいつまで続くの?」と焦っても、逆に子供はストレスになってしまう場合があるので、子供を刺激しないように見守りながら、たくさん愛情を注いでいきましょうね。

指しゃぶりはいつからいつまで?記事一覧

 

赤ちゃんの指しゃぶりは、ごく普通の当たり前な光景にみえますが、大体3歳頃までと言われているようです。3歳を過ぎても指しゃぶりをしている子供もいますが、少しずつ落ち着いていくのが一般的です。しかし、5歳を過ぎても、指しゃぶりの癖が改善されないようであれば、ちょっと問題が出てきます。どんな影響があるのでしょうか?まず、歯並びに影響が出てきます。そして、言葉の発音もおかしくなり、特にサ・タ・ラ行の発音が...